バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプションで有利なボリンジャーバンドとRSIの設定方法

564 views
約 7 分

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた方法でバイナリーオプションで利益を出していく方法です。一般的に勝ちにくいといわれる組み合わせですが、ひとつの条件を追加すると、一定の利益を確保できることが確認できます。

この組み合わせは逆張りの手法になり、レンジ(ボックス)相場で有効とされていますが、今回の検証では、トレンドの発生している有無に関わらず条件が揃ったら、全て取引を行ったという前提での検証になります。

売買条件

ボリンジャーバンドは、価格が上下のバンドにタッチした後の反転を予想し、逆張りをしていく方法になります。

bollingerbands-graf
ローソク足が+σに終値で接近・到達した時は、反転下落の可能性が高いと判断し、次の始値で「売り」逆張りのサイン
ローソク足が-σに終値で接近・到達した時は、反転下落の可能性が高いと判断し、次の始値で「買い」逆張りのサイン

そして、RSIの場合も、上限下限ラインにRSIがタッチした後の反転を予想し、逆張りを仕掛けていく方法です。

rsi

RSIが、終値で上限ラインに接近・到達した時は、反転下落の可能性が高いと判断し、次の始値で「売り」逆張りのサイン
RSIが、終値で下限ラインに接近・到達した時は、反転下落の可能性が高いと判断し、次の始値で「買い」逆張りのサイン

となります。

その他に、「バイナリーオプション攻略|逆張りの成果を最大化するのに必要なテクニック」の記事で説明している考えを取引条件に追加しています。

2種類のパラメーターの数値で検証

今回は、RSIの数値を変更した2種類で比較して、検証を行ってきます。1つ目の数値は、

Bollinger Bands 20(期間) 0(表示移動) 2.0(偏差) close(適用価格)
RSI 14(期間) 70(上限ライン) 30(下限ライン) close(適用価格)

2つ目の数値が、

Bollinger Bands 20(期間) 0(表示移動) 2.0(偏差) close(適用価格)
RSI 14(期間) 80(上限ライン) 20(下限ライン) close(適用価格)

2つ目の手法では、RSIの上限ライン・下限ラインの設定を高くしています。

そして、それぞれの成績を分析してみると、以下の成績になりました。

手法① 570(勝) 361(負) 19(引分) 60.0%(勝率)
手法② 85(勝) 46(負) 1(引分) 64.4%(勝率)

まとめ

本日の検証では、ボリンジャーバンドの設定を変更していませんが、RSIの上限・下限ラインを高く設定するだけで、取引回数は大幅に減ることになりますが、勝率が約4%上昇しています。

ボリンジャーバンドの数値も変更することで、さらに勝率が上がるかも知れないですね。機会があれば今後の記事で詳しく説明していきたいと思います。

※データーをとるために使用したのはバイナリーオプションツール「SOLID」の分析機能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29