バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

RSIでバイナリーオプションを攻略するときの正しい見方

1216 views
約 10 分

バイナリーオプションを攻略するときに絶対一度は使ったことがあるはずのRSIですが、このインジケータは単に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するだけのものではありません。

RSIは、バンド系インジケーターと併用して、バイナリーオプションを攻略する逆張りの手法が多くありますね。この方法は、高勝率は期待できないですが、上手く使いことで利益を出すことが可能です。でも、RSIは逆張りの指標として使う他に、トレンドの方向を見極めたり、ラインを引いたすることで、トレンドフォローの使い方もできます。

本日は、RSIの基本から応用の使い方を説明していきます。

バイナリーオプションに役立つ記事はここにもあるぞ!
バイナリーオプションを攻略できるのか?RSIの数値の検証
バイナリーオプションでストキャスティクスを使う時に知っておきたい4つの知識
バイナリーオプションでMACDを使った場合に判断する3つの方法20
バイナリーオプションでADXを使用するときに覚えて欲しい2つのこと


バイナリーオプション業者の開設特典でサインツールをプレゼント!

当ブログから開設された方限定で売買ポイントに自動でサインが表示されるツールを特典でおつけします。

RSIの基本の使い方

RSIで一番よく使われている見方は、

rsi

RSIが上限ラインの高値圏に到達したら、「買われすぎ」と判断して売り方向の逆張り
RSIが下限ラインの安値圏に到達したら、「売られすぎ」と判断して買い方向の逆張り

となります。よくあるのが、ボリンジャーバンドと併用した逆張りのバンドトレードですね。

ボリンジャーバンドの+σにローソク足が到達して、RSIが上限ラインの高値圏に到達したら、「買われすぎ」と判断して買い方向の逆張り

ボリンジャーバンドの-σにローソク足が到達して、RSIが下限ラインの安値圏に到達したら、「売られすぎ」と判断して売り方向の逆張り

という方法です。この手法の基本の設定は、

ボリンジャーバンド 20(期間) 2・3(偏差) close(適用価格)
RSI 14(期間) 60-70(上限設定) 40-30(下限設定)

になります。

この時、RSIの上限・下限の設定の変更することで勝率も変わってきます。下の表は、RSIの上限設定を65.66.67.68.69.70、下限設定を40.39.38.37.36.35と変更した過去3ヶ月の数値です。

65-35 2,230(勝) 1,740(負) 53(引分) 56.17%(勝率)
66-34 2,076(勝) 1,579(負) 46(引分) 56.80%(勝率)
67-33 1,833(勝) 1,392(負) 42(引分) 57.50%(勝率)
68-32 1,685(勝) 1,231(負) 41(引分) 57.78%(勝率)
69-31 1,505(勝) 1,069(負) 43(引分) 58,47%(勝率)
70-30 1,319(勝) 932(負) 35(引分) 58.60%(勝率)

設定を強くすることで、取引回数は減りますが勝率は高くなっていきますよ。

※こののデーターは、バイナリーオプションツール「SOLID」の分析機能を利用して分析しています。

RSIでトレンド方向を見極める方法

RSIは、基本の見方の他に、トレンドの方向を捉える方法があります。その方法は簡単で、

rsi50

RSIが「50」以上で「買い方向」、「50」以下で「売り方向」

となります。

そして、「買い方向」でも上限ラインを超えて高値圏で維持している場合は、「買い方向のトレンドの勢いが強い」と判断して、下限ラインを割り込んで安値圏で維持している場合は、「売り方向の勢いが強い」と判断していきます。

逆張りと順張りの使い分けですが、例えば1時間足が上限ラインを超えて、高値圏で維持している場合は、「買い方向のトレンドの勢いが強い」と判断し、トレードの方向は買いのみと判断します。

rsi501h

そして、トレードポイントを見つける時間足でのRSIの買いの売買条件は、

RSIが下限ラインの安値圏に到達したら、「売られすぎ」と判断して買い方向の逆張り
上限ラインの高値圏に到達したら、「買い方向のトレンドの勢いが強い」と判断して順張り

rsi50trade

の2つ方法でトレードポイントを見つけることができます。

この方法で、トレードポイントを見つけるときは、「バイナリーオプションでADXを使用するときに覚えて欲しい2つのこと」の記事で説明しているADXが非常によく機能しますので、合わせて使っていきましょう。

RSIにラインを引く方法

RSIは、サポート・レジスタンスラインを引いてもその効果があります。

rrsi-line

RSIの山と山に、谷底と谷底にラインを引くことで、サポート・レジスタンスラインの機能をしてくれます。このラインを使って、押し目買い・戻り売りのポイントを捉えていきます。

この方法を使うときにトレードポイントの精度を高めるのに相性が良いのが、ボリンジャーバンドやサポート・レジスタンスライン、そしてフィボナッチになります。例えば、ボリンジャーバンドと合わせると、

ボリンジャーバンドの+σにローソク足が到達していて、RSIがレジスタンスラインで反発したら、売り方向
ボリンジャーバンドの-σにローソク足が到達して、RSIがサポートラインで反発したら、買い方向

とし、根拠を増やすことで、トレードポイントの精度を高めていくことができます。

ダイバージェンスを見つける

バイナリーオプションでストキャスティクスを使う時に知っておきたい4つの知識」や「バイナリーオプションでMACDを使った場合に判断する3つの方法2」の記事で紹介していますが、ダイバージェンスは、オシレーター系インジケーター全般で見つけることができます。

rrsi-line1

ローソク足の高値は切り上がっているのに、RSIの高値は切り下がっている場合、下降トレンドに切り替わる可能性が高い
ローソク足の安値は切り下がっているのに、RSIの安値が切り上がっている場合 、上昇トレンドに切り替わる可能性が高い

このダイバージェンスは、期間を短くすればするほど発見しやすくなりますが、「騙し」のダイバージェンスも多くなるので注意してくださいね。基本の数値は「14」のままで充分機能します。

まとめ

RSIは、逆張りでも順張りでも使うことができて、優秀なインジケーターです。逆張りしの見方に慣れていたら、最初は順張りの使い方に混乱してしまうと思います。

まずは、じっくり検証して自信をつけてから、バイナリーオプションの攻略に役立ててくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション|利益を出すための攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29