バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプションの攻略はFXの攻略と考え方は同じなんです。

656 views
約 10 分

「FXとバイナリーオプション 攻略ってやり方は違うの?」

こんにちは、ストラテジーです

よくFXとバイナリーオプションの攻略の違いを聞かれたりしますが、FXとバイナリーオプションは同じ為替の分野であり、使うテクニカル指標やファンダメンタルの考え方は同じなんですよ。そして、トレードポイントを見つけるやり方もほとんど変わりはありません。

なので、実際はバイナリーオプションが慣れて、一定の利益を出せるようになってきた人って、FXに流れていくんですよね。

要領は、同じなので抵抗なくいけるんです。

ただし、FXの場合は、

自分で利益の確定と、損失の確定を判断しなければならない

ということをしなければなりません。それ以外は、ほぼ同じっていってもいいです。

バイナリーオプションの場合は、購入さえすれば判定まで待っていれば、結果が出ますけどね。

本日は、わたしがFXをする時のやり方を交えながら、どれだけバイナリーオプションが同じなのかをお話していきます。


バイナリーオプション ツール

【19,800円⇒今だけタダ!】バイナリーオプション ツールが無料で手に入る方法

『バイナリーオプションを始めてみたいけど、知識がないから勝てる気がしない…』とか『バイナリーオプションのツールを購入する資金まで用意できない…』という方に、ぜひ活用していただきたい情報になります。

わたしのFXで使っているテクニカル指標

まず最初に言っておきますが、この方法が万人に通用するとは思ってもいません。あくまでもわたしはこれでFXをしているよっていうやり方です。

チャートに表示しているテクニカル指標(インジケーター)は結構あります。しかし、それらを全てをトレードのポイントとして見ているわけではありません。あくまでも参考程度です。

ボリンジャーバンド2種類
移動平均線5種類
ADX
ストキャスティクス
ATR

に、なります。結構多いほうです。

各インジケーターは、MT4にある超普通のものばかりです。
昔は、変わったインジケーターや、性能は同じでも見栄えの良いインジケーターを揃えてビジュアルを良くしていたのですが、全く一般的なインジケーターに落ち着きました。

しかも、こっちのほうが勝ちやすいという…原点が一番だねってことです。

そして、トレードポイントを見つける時間足チャートは15分足チャートになります。なぜ、15分足チャートなのかを聞かれると、わたしの好みですね。あとは、1分足チャートや5分足チャートは、FXで取引するとなると世話しないし、各テクニカル指標が相場が大きく動くと機能しにくいなぁって経験から思っているのもあります。

バイナリーオプションの場合は、見るテクニカル指標が一部無くなり、1分足チャートでトレードポイントを見つけていきます。基本的な戦略に変化はないです。

ラインを引いていく

これは、大事ですね。

FXとバイナリーオプションでもこのライン引きは、トレードポイントを見つけるのに欠かせない作業になります。

ラインの引き方は、「バイナリーオプション攻略 | ラインを簡単に引く2つのポイント」の記事で説明していますが、まさにこの通りラインを引いています。

ただ、週足チャートや日足チャートのラインは、週末に引いたらその1週間はよほどのことが無い限り修正しません。4時間足チャート以下のラインは、毎日トレードする前に微調整をしていくって感じですね。

この作業は、朝起きたらラジオ体操をするみたいな日課になっています。

トレードの方向を判断する

トレードする前に、どっちの方向が有利な状況なのかを移動平均線で調べています。

移動平均線でトレンドの方向を調べる方法は「バイナリーオプション攻略 | 移動平均線の正しい7つの見方」の記事にも書いていますが、

基本は、

買いの方向と判断するとき:短期・中期・長期と上から順番に位置している時は「買い」方向
売りの方向と判断するとき:長期・中期・短期と上から順番に位置している時は「売り」方向

と、判断しています。

バイナリーオプションツール「SOLID」は逆張りのツールとして考案していますが、裁量で取引するする場合は、トレンドの方向に従ってトレードする「順張り」の手法でトレードをしています。

トレードポイントを見つける

ラインを引く
トレードの方向を調べる

この2つの作業が終われば、次はトレードポイントを見つける作業になります。

これは、文章だけでは難しいので、チャート画像を見ながらお話していきます。

このチャートは、2017年1月23日USDJPYになります。

binaryoption-line

緑色のラインは、各時間足チャートで引いたラインで太いラインは、週足・日足チャートから引いたもので、それ以外のラインは、4時間足チャート以下のラインになります。

そして、このチャートでのトレードの方向なのですが、

ちょっと画像が見にくいですが、移動平均線が上から200日線・20日線・55日線と長期・短期・中期と位置しています。

この順序だと、さっき言ったトレードの方向では当てはまらない状況ですよね。

こういう状態の時、わたしは、

長期・中期・短期と上から順番に位置している時の「売り」方向から、長期・短期・中期と位置が変わった場合は、ひとまず長期の移動平均線までは、短期の「買い方向」と判断しています。

ただし、これは長期的に見ると、まだ「売り方向」のトレンドになっているので、通常よりも騙しが多く負ける確率も高い状態ではあります。

ひとまず、200日線の移動平均線までは、相場は「買い方向」と判断したので、あとは「どこで」トレードをしていくかになっていくのですが…

過去の相場を見てみると、重要なライン(黄色のライン)をブレイクアウトした直後なのが分かります。「W」の形の「ダブルボトム」(赤丸)で、ラインを相場がブレイクアウトしたばっかりなんですよね。

こういうパターンを形成したラインのブレイクアウトって通常のブレイクアウトより信用度が高いんですよ!

でも信用度が高いからといって、このブレイクアウトが「騙し」なのかはまだ分からない状態ではあります。

しかし、相場は「買い方向」とさっき判断しているし、このラインも上にブレイクアウトして同じく「買い方向」の動きを見せていることから、「バイナリーオプション攻略 | トレンドの転換を予想する2つの方法と具体的な見方」の記事に説明しているラインをブレイクアウト後のレジスタンスラインからサポートラインに切り替わったライン際で、FX・バイナリーオプション共に押し目買いの戦略をとっていきたいと思います。

FX・バイナリーオプションをどのポイントで仕掛けるか?

FXとバイナリーオプションで、違う点のひとつがトレードポイントの位置になると、わたしは思っています。

バイナリーオプションの場合は、

「ここで反転する!ここで上昇・下落するぞ!」

と、いう決定的なポイントを見極めていかなければなりませんが、

FXの場合は、

「このポイント付近で反転するだろうから、この付近でなにか相場に動きがあればトレードしよう」

と、わたしはFXはバイナリーオプションに比べると、少し曖昧なポイントでも取引ができると思っています。これは、FXのちょっとしたメリットかもしれないです。

※ちなみにこの考え方は、わたしは損切ラインを少し多めにとっているから、この戦略でも通用するのだと思いますが、厳しい損切ラインを設定している人には無理な考え方です。

じゃあ、まずFXの取引ポイントを見ていきますね。

トレードをするポイントは前回言ったように、レジスタンスラインからサポートラインに切り替わったライン付近で、トレードを行うという戦略を立てていますので、そのラインを割り込むか反転する動きがあれば仕掛けていきたいところです。

チャートで見ると、

binaryoption-line1

1本前のローソク足が、ライン際まで下落していたのですが、その直前で上昇していることが分かると思います。そして、ストキャスティクスも安値圏にも到達していなく下落方向に進んでいるため、絶好の取引ポイントではありません。

もし、このローソク足がラインに到達して少し割り込んでくれていて、ストキャスティクスも安値圏まで到達してれば、表示している各ラインで利益確定・損切確定のラインを設定して取引していたと思います。

次のチャートです。

binaryoption-line2

サポートラインに相場が到達していますね。

①のローソク足でサポートラインを下にブレイクアウトしていますが、ストキャスティクスは、安値圏のあたりでデットクロスをして下落方向の勢いがあることを示していますので、

「これは、まだ下がるかもしれない?まだ様子を見てみよう。」

と、判断できます。

そして、②のローソク足が注目ポイントになっています。これは「バイナリーオプション攻略 | 4つのローソク足のパターンでトレンドの転換を見分ける方法」の記事にある「トンカチ」になっていますね。これは、次のローソク足が上昇する可能性が高いことを示すパターンになっています。

ストキャスティクスも安値圏付近で、ゴールデンクロスをして上昇方向に切り替わろうとしていることを示していました。

ずばり、わたしはこの②のポイントで「買い!」で、FXもバイナリーオプションも取引を行います。

ただ今回の場合は、このチャートは15分足チャートなので、バイナリーオプションに合う判定時間がありませんから、取引はできないです。1時間判定のバイナリーオプションがあれば取引していたと思います。

さて、このポイントでFX・バイナリーオプションも取引をしていたと仮定します。

バイナリーオプションの場合は、このまま判定時間までに購入した価格よりも上がっていれば、利益確定となるのですが、FXの場合は違います。

「どこで決済して、どこで損切りをするか?」

これを自分で決めなければなりません。決めなければなりませんが、時間という縛りから拘束はされなくなります。

この違いですよね、FXとバイナリーオプションの違いって

バイナリーオプションは、損益ラインの判断を決めなくても良いが、時間で縛られている
FXは、損益ラインを決めなくてはならないが、時間の制限が無い

バイナリーオプションって、

「あと、1秒猶予があれば勝ってたのに…」

っていう苦い経験ありませんか?これって誰もが味わうはずなんです。FXの場合は、「あと1秒!」とかの時間で勝敗がつくことはないので、こういった悔しい負け方をすることはありません。

しかし、損益ラインを自分で決めるという判断が、非常に難しいんですよね。この判断を見誤ったら、例え手法が良くても勝てるものが負けてしまうぐらい大きく影響されるんです。

そう!

これが難しいからバイナリーオプションの方が攻略がしやすい

って言われてるんです。その他にもFXに比べるとバイナリーオプションは資金をあまり多く必要としない等のメリットもありますけどね。

でもですね、大きな違いってこれだけなんですよ。

まとめ

FXとバイナリーオプションは、

使うテクニカル指標は同じ
経済情報の見るべきポイントは同じ
勉強方法は同じ
手法やロジックの作成方法は同じ

違う点は、

決済方法が違う
用意する資金がFXよりバイナリーオプションの方がお手軽

これだけなんです。

「決済の判断」、これは実際に経験が無いと分からないと思いますが、メンタルにすんごい大きな負担になります。これがバイナリーオプションでは省かれるから、FXよりも投資がしやすいということなんです。

あとは、同じでなんです。

バイナリーオプションは、投資の世界での登竜門的に考えてくれれば良いです。そして、バイナリーオプションで結果を出せるようになれば、その知識を生かしてFXにも挑んでいきましょう!

同じ勉強をしているのに、FXをしなかったら絶対勿体ないですからね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション 攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプション ツール

【19,800円⇒今だけタダ!】バイナリーオプション ツールが無料で手に入る方法

『バイナリーオプションを始めてみたいけど、知識がないから勝てる気がしない…』とか『バイナリーオプションのツールを購入する資金まで用意できない…』という方に、ぜひ活用していただきたい情報になります。

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29