バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプション攻略 | 過去900日間で利益が出せる手法

2070 views
約 13 分

長期で安定して、バイナリーオプションの利益を出せる方法はないかと日々検証を続けているわけですが、とあるインジケーターの数値を変更したら、好成績な手法が見つかりました。

バンド系インジケーター(ボリンジャーバンド等)で、逆張りの手法を作成する場合、オシレーター系のインジケーターと相性が良いのですが、今回、その考えを基に2種類のインジケーターを使い、バイナリーオプションで過去900日間利益を出せるものを紹介します。

使用したインジケーターは、

エンベローブ
RSI

の2つです。

勝率は、そこまで高くなく、資金運用を考えて取引しなければ利益を出すのは難しいです。また、様々な条件がありますので、これらをきちんと守れるかも重要になります。しかし、資金管理・条件を守ることができれば、利益を出せることは間違いありません。

本日はこの手法での取引の仕方、パラメーターの数値等を詳しく説明していきます。



バイナリーオプション業者の開設特典でサインツールをプレゼント!

当ブログから開設された方限定で売買ポイントに自動でサインが表示されるツールを特典でおつけします。

エンベローブとはなにか?

まずは、エンベローブについての説明をしていきます。これは、ボリンジャーバンドと同じでチャートに上下のバンドが表示されるインジケーターです。もちろん、ボリンジャーバンドとはバンドの表示される計算方法は全く違うので、表示も変わっています。

エンベローブのバンドは単純に、移動平均線から上下に一定に乖離させた線が表示されるだけです。

そして、このエンベローブを使った逆張りの考え方は、

envelopes

価格が上側のラインに接近・到達した時は、反転下落の可能性が高く買われすぎと判断し「売り」逆張りのサイン
価格が下側のラインに接近・到達した時は、反転上昇の可能性が高く売られすぎと判断し「買い」逆張りのサイン

となります。

ただし、これだけだと非常にサインに騙しが多く、勝率は悪くなるので、その他にオシレーター系のインジケーターと組み合わせて、売買条件の精度を高めていくわけです。今回は、強化する方法として、RSIを活用していきます。

RSIで売買条件を強化していく

RSIは、今回もシンプルな使い方をしていきます。

rsi

RSIが上限ラインに接近・到達した時は、反転下落の可能性が高く買われすぎと判断し「売り」逆張りのサイン
RSIが下限ラインに接近・到達した時は、反転上昇の可能性が高く売られすぎと判断し「買い」逆張りのサイン

このRSIの条件とエンベローブの条件が揃った時に、逆張りをしていく手法になります。

900日間の過去の成績の分析結果

まずは、エンベローブとRSIを組み合わせた手法の過去900日間の取引成績です。

過去900日間の分析 10,572(勝) 8,066(負) 197(引分) 56.7(勝率) 3,417,600(損益)

勝率は約56%とそこまで高い水準ではありませんが、利益はしっかりと出ています。この手法の各テクニカルインジケーターの数値は、以下の通りです。

エンベローブ 200(期間) simple(種別) close(適用価格) 0.1(偏差)
RSI 14(期間) close(適用価格) 70(上限ライン) 30(下限ライン)

おすすめのバイナリーオプションの取引は?

この分析で行ったバイナリーオプションの種類は、

5分判定
スプレットなし
ペイアウト率はできるだけ高い海外業者を選ぶ

になります。スプレットありなしは、あなたのトレードスタイルに合わせて選択すれば良いと思います。スプレットがつけばペイアウト率は100%ととなり、勝てば利益率も格段に上昇しますが、「バイナリーオプションでペイアウト100%の取引が絶対有利ではない理由」の記事で説明しているように、スプレットが加算されるたびに勝率も数%下落していきます。この手法での、スプレットありの取引だと勝率はどれくらいになるかは、後ほど説明していきます。

次に、判定時間は「5分判定」を必ず選択してください。1分や3分でも利益は出ますが「バイナリーオプション攻略に最適な取引判定の時間」の記事と同じく5分判定の方が利益率は優れています。

そして、最後にペイアウト率ですが、スプレットなしで取引を行うならば、なるべく5分判定のバイナリーオプションが高い業者を選んでください。同じスプレットなしの条件で、勝率は同じなのにペイアウト率が低いだけで利益が少なくなると損してしまいますからね。

取引を行う際の注意点

次に、取引ですが、エンベローブとRSIの条件の揃った取引ポイントを見つけるのは簡単ですが、さらに条件を追加していきます。追加する内容は「バイナリーオプション攻略|逆張りの成果を最大化するのに必要なテクニック」の記事でも紹介していますが、

取引を行っている間に、取引条件がまた揃っても判定結果が出るまでは取引は行わない。

になります。

トレンドが発生した場合のエンベローブの位置

バイナリーオプションでエンベローブを使う方法

トレンドが発生した場合のRSIの推移

バイナリーオプションでRSIを使う方法

この手法の場合、トレンドが発生すると、RSIは上限ライン・下限ラインを振り切り、反転することなくラインを超えたまま推移していきます。そして、エンベローブも同じです。トレンド中は、価格はエンベローブを超えたまま、中心の移動平均線に戻ることなく推移していきます。

もし、そのような状態に相場がなっている時、ローソク足が更新されるたびに売買条件が揃うことになり、その度に取引を行わなければなりません。

逆張りの手法は、トレンド相場に弱い

ですよね。ただし、その相場がトレンド相場になっているのかは実際に相場が更新されないと分かりません。もちろん、相場の状況が「レンジ相場だ!」と分かっていれば、条件が揃うたびに取引を行っていけば良いだけですが、「あ、トレンド相場だったのね。」と気づくのは、過去の相場を見て初めて分かるわけです。

相場は今後どうなるかは分からない

だから、1度取引を開始したら、その取引が終わるまで時間をおいて、取引の間隔をあけます。あけることで、もし、その時の相場がトレンド相場だったら不必要な負け(損失)を回避することができるからです。

例えば、12時00分に条件が揃い、5分判定の取引を12時01分で行ったとします。結果が出るのは、12時06分なので、もしその間にまた取引条件が揃っても取引は行わず、次の取引を行うのは、判定結果が出た12時06分から、取引を行うことになります。

購入金額の運用方法

この手法は、購入毎に、同一金額で取引を行っても利益は発生しますが、「バイナリーオプションで勝率が低くても利益を出す方法」の記事で説明した内容のような掛け金の調整を行うことで、利益をさらに伸ばすことが可能です。ただし、用意する資金が同一金額で取引するよりも多くなります。今回の分析では購入金額を4回を1セットとし、

購入金額の設定 7,000(1回目) 1,000(2回目) 1,000(3回目) 1,000(4回目)

としました。

①で勝ったら、再度①から取引
①で負けたら②で取引を行い、②で勝てれば①から取引
①②で負けたら③で取引を行い、③で勝てれば①から取引
①②③で負けたら④で取引を行い、④で勝てれば①から取引
①②③④全て負けたら、①から取引

となります。

①でどれだけ多く勝てるかが、この運用方法で利益を出していくかが鍵になり、同一金額で購入するよりもリスクは大きくなりますが、勝率が低くても利益を伸ばす可能性が非常に高い方法になります。

スプレットありの勝率の下落はどれくらいか

某有名な海外業者のスプレットありのUSDJPYは4Pipsになるので、その水準での成績は以下の通りです。

過去900日間の分析 ※スプレットあり 9,843(勝) 8,794(負) 194(引分) 52.8(勝率) 5,957,000(損益)

勝率は約4%下落しますが、利益幅は大きく上昇しています。ただし、ドローダウンは、スプレットなしの場合だと最大「10」でしたが、スプレットありだと「11」と増加してしまいます。また、100回取引を行って約53回しか勝てないとなると、それだけの負けにメンタルが耐えられるかが問題になってきます。

利益を大きく伸ばすか、利益は犠牲にしても勝率をある程度高めで維持したいかは、トレードスタイルで変わってくるはずですので、まずは、デモトレードでこの手法の取引の練習を行い、どちらの方法が良いか検証してみてください。

まとめ

本日ご紹介した手法は、勝率は低いですが取引条件、運用管理をしっかり守っていけばバイナリーオプションで利益を出していくことができるものです。

しかし、確認していただければ分かると思いますが、連敗もあるし、利益を出せない日も必ず出てきます。しかし、長期でこの手法を運用することができれば、必ず良い方向に結果は繋がります。まずは、この手法のやり方を理解して、しっかりとデモトレードで確認し、自分の手法として自信が持てるまでトレードの練習を行ってください。

そして一言。

勝率80%というような高勝率を確保できる手法ではありません。というか、テクニカルのみでそのような勝率を出せる手法は1日や1週間ではあっても長期の運用ではまず絶対ありません。

地道の勝利こそが、結果に繋がることを覚えといてくださいね。

※データーをとるために使用したのはバイナリーオプションツール「SOLID」の分析機能です。

おすすめ記事一覧

CHECK!逆張り手法
バイナリーオプション | 逆張りの手法の過去11ヶ月の成績
逆張りで過去900日間利益を出し続ける手法の紹介をしています。
CHECK!攻略を知る!
バイナリーオプション、攻略できるのか?【随時最新更新】
バイナリーオプションを攻略できるロジックの最新情報をお知らせしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション 攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29