バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプションでMACDを使った場合に判断する3つの方法

838 views
約 5 分

ボリンジャーバンド・RSIと並ぶ超有名なインジケーターMACD。正しい使い方を知ることで、バイナリーオプションで有効な戦略を立てることができます。

こんにちは、ストラテジーです。

MACDは、移動平均線をベースに作られたインジケーターで、RSIやCCIのように「買われすぎ」「売られすぎ」で表示される指標ではなく、「0」を基点に「買われている」「売られている」を判断する指標になります。また、その他にも売買条件を判断する方法があります。

本日は、基本から応用までのMACDの使い方を説明していきます。全てを理解することができれば、バイナリーオプションで大いに役立ちますよ。

バイナリーオプションに役立つ記事はここにもあるぞ!
バイナリーオプションで順張りが最適な3つの時間帯
バイナリーオプションで有効な逆張りインジケーター5選
バイナリーオプション攻略 | 勝率を上げるインジケーターの正しい組み合わせ


バイナリーオプション業者の開設特典でサインツールをプレゼント!

当ブログから開設された方限定で売買ポイントに自動でサインが表示されるツールを特典でおつけします。

MACDの売買条件

通常のMACDは、2本のラインとヒストグラフで構成されていますが、MT4に標準で搭載されているMACDは、1本のシグナルラインとヒストグラフで構成されています。本日は、MT4に搭載されているMACDで説明していきます。

基本的な売買条件は、

macd1

「0」ラインをヒストグラフを超えたら、買いのサイン
「0」ラインをヒストグラフが割り込んだら、売りのサイン

と判断します。その他にも見方があり、

ヒストグラフとシグナルラインの位置関係はどうなのか?
ヒストグラフがシグナルラインとゴールデンクロス・デットクロスしているか?
ダイバージェンスを発生しているか?

以上の3つを確認することでより詳細に売買条件を確認することができます。

ヒストグラフとシグナルラインの位置関係

ヒストグラフとシグナルラインの位置関係を知ることで、「買い方向」か「売り方向」を判断することができます。

macd2

「0」ラインを超えていて、ヒストグラフがシグナルラインより上に位置している場合は「買い方向」になり、「0」ラインを割り込んでいて、ヒストグラフがシグナルラインより上に位置している場合も「買い方向」になります。

次に、

「0」ラインを割り込んでいて、ヒストグラフがシグナルラインより下に位置している場合は「売り方向」になり、「0」ラインを超えていて、ヒストグラフがシグナルラインより下に位置している場合も「売り方向」になります。

買い方向・売り方向共それぞれ2つの見方がありますが、

「0」ラインを超えていて、ヒストグラフがシグナルラインより上に位置している場合は「買い方向」

これは、全体のトレンドは上昇を示していて、「買い方向」ということになり、

「0」ラインを割り込んでいて、ヒストグラフがシグナルラインより上に位置している場合は「買い方向」

これは、全体のトレンドは下降を示している中での「買い方向」ということになります。

次に、

「0」ラインを割り込んでいて、ヒストグラフがシグナルラインより下に位置している場合は「売り方向」

これは、全体のトレンドは下降を示していて、「売り方向」ということになり、

「0」ラインを超えていて、ヒストグラフがシグナルラインより下に位置している場合は「売り方向」

これは、全体のトレンドは上昇を示している中での「売り方向」ということになります。

ちょっと混乱してしまうかもしれませんが、ここをしっかり理解してくださいね。

ヒストグラフとシグナルラインがクロスする

これも売買条件がそれぞれ2つあり、逆張りと押し目買い・戻り売りを判断することができます。

macd3

「0」ラインを超えていて、ヒストグラフがシグナルラインを、上に突き抜けた場合は、買い方向の「押し目買い」
「0」ラインを割り込んでいて、ヒストグラフがシグナルラインを、下に突き抜けた場合は、売り方向の「戻り売り」

という判断ができます。

次に、

「0」ラインを超えていて、ヒストグラフがシグナルラインより下に割り込んだ場合は、売り方向の「逆張り」
「0」ラインを抜けていて、ヒストグラフがシグナルラインより上に割り込んだ場合は、買い方向の「逆張り」

となります。

MACDのダイバージェンスを調べる

ダイバージェンスとは、価格の位置関係とインジケーターの位置関係が逆行していることを言います。

macd

ローソク足の高値が切り上がっているのに、オシレーターの高値は切り下がっている場合、下降トレンドに切り替わる可能性が高い
ローソク足の安値が切り下がっているのに、オシレーターの安値が切り上がっている場合 、上昇トレンドに切り替わる可能性が高い

チャートに表示している①のポイントでは、価格は安値を更新して切り下がっていますが、MACDでは切り上がってます。その後、下落トレンドから上昇トレンドに切り替わっているのが分かります。②のポイントでは、価格は高値を更新して切り上がっていますが、MACDは切り下がっています。これもこの現象が起きた後、一旦のトレンドの転換が始まっています。

このように、ダイバージェンスが現れると、トレンドの勢いが弱まっていることをを示していて、トレンドの終わりやトレンドの転換を判断することができます。

まとめ

MACDを使いこなすことができれば、幅広くバイナリーオプションで活躍させることができます。

ただし、ストキャスティクスやRSIのように売買条件を判断できるのが遅く、条件が出た時には弱いトレンドだった場合などでは負ける可能性もありますから、まずはデモトレードで検証して、MACDの特徴を知ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション|利益を出すための攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29