バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプションをラインで攻略するときの見方

1491 views
約 7 分

4つのテクニカルとラインをつかって、バイナリーオプションを攻略していく方法を紹介します。取引回数は減りますが、しっかり見極めることでバイナリーオプションの勝率を高めることができます。

本日ご紹介する手法は、トレンドフォローの押し目買いになります。使うテクニカルは、

サポート・レジスタンスライン
ボリンジャーバンド
移動平均線
RSI
ローソク足のパターン

使うテクニカルは多いが、見るポイントは簡単なので練習すれば、必ずバイナリーオプションの攻略に役立つので参考にしてください。



バイナリーオプション業者の開設特典でサインツールをプレゼント!

当ブログから開設された方限定で売買ポイントに自動でサインが表示されるツールを特典でおつけします。

各種テクニカルの設定方法

サポート・レジスタンスラインは日足から、4時間足・1時間足と引いてください。ラインの間隔が広いと感じた場合は、補助として15分足でもひいても大丈夫です。

ただし、15分足で引いたラインは、1時間足ほど意識されていない場合があるので、騙しが多くなりますので注意してください。
参考 バイナリーオプション攻略 | ラインを簡単に引く2つのポイント

次に、ボリンジャーバンド・移動平均線・RSIの設定と取引の条件は、

名称 設定数値 条件
ボリンジャーバンド 20日,偏差2.0 ローソク足が終値で±2σに接触
移動平均線 100日,EMA ローソク足が移動平均線より上なら「HIGH」、下なら「LOW」方向
RSI 14日,上限70、下限30 上限、下限の間にRSIが位置している。

ボリンジャーバンドは、ネットで検索すれば出てくるような基本的な使い方をしていきます。移動平均線は、ローソク足が移動平均線より上に位置していれば、基本的に、取引方向は「HIGH」で、下なら「LOW」で取引していきます。ただし、サポート・レジスタンスラインがあった場合は例外として逆張りも行います。

RSIは、上限数値を超えたら「買われすぎ」下限数値を超えたら「売られすぎ」と判断して逆張りをする指標として使われることが多いですが、今回は、そのように使わず上限数値と下限数値の間にRSIが位置していれば、その方向に購入していくという条件にします。

RSIはその他にも違った見方をすることができます。別記事でお話していますので、読んでみてください。
参考 RSIでバイナリーオプションを攻略するときの正しい見方

ローソク足についてはチャートを見ながら説明していきます。

バイナリーオプションでの取引方法

バイナリーオプション ラインチャート
このチャートは、10月25日9時ごろのUSDJPYの5分足チャートになります。

赤枠で囲っている場面ではローソク足が、ボリンジャーバンドにタッチしていて、移動平均線より上に位置しています。
そして、RSIが上限下限の間に位置しています。3つの条件が整っていて、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした陰線の次の足が陰線の高値安値を下回る陽線が表示されました。

この状態のローソク足を「はらみ足」といいます。レートが下落している時に現れる「はらみ足」は反転の示唆があると言われていますよね。
参考 バイナリーオプション攻略 | 覚えておきたい!2本のローソク足の4つのパターン

この時、上にレジスタンスラインがありますが、ラインには接触もしていないので、5分判定(このチャートは5分足なので1本分)なら勝てる可能性は高いです。

結果、そのまま反転しレジスタンスラインはブレイクされて、ブレイクされたレジスタンスラインはサポートラインに切り替わりました。

これらの5つのパターンが揃った時、バイナリーオプションの取引では勝率が非常に高くなるので、覚えといてください。

補足:そのあとのチャートのエントリーポイント

バイナリーオプション ライントレードの説明

レジスタンスラインはブレイクされて、ブレイクされたレジスタンスラインはサポートラインに切り替わり、次はこのラインで(緑色の〇)何度相場が反発しているのが分かります。また、一番上のレジスタンスライン(紫色の〇)でも反発しているのが分かります。

一番上のレジスタンスライン(紫色の〇)は、ローソク足が移動平均線より上に位置しているので、基本的には「LOW」の取引をする条件ではありません。

また、ローソク足のパターンもありませんので、取引する根拠としては薄いです。

しかし、ボリンジャーバンド・RSIは逆張りの条件が揃っていて、先程も言ったようにレジスタンスラインにローソク足が到達しています。こんな時取引するべきか悩んでしまいますよね。

こういうときは、トレンド方向を確認する移動平均線とローソク足の位置関係を優先してください。
なので、今の移動平均線はローソク足より上に位置していて上に位置しているので、売り【LOW】の取引は控えたほうが良いと思います。

ちなみに、サポートライン(緑色の〇)のポイントでローソク足が到達している場面が多いですが、ボリンジャーバンドの条件が外れているため、反発する根拠は低くなっています。ただし、ここでは、ローソク足が移動平均線の上に位置しているので「HIGH」であることから、押し目買いの条件が整っています

しかし、初心者が取引を行う場合は、なるべくラインとその他のインジケーターの条件が多く揃っている場面で取引をしたほうが、勝率は高くなるはりますよ。

まとめ

ライントレードはその他のテクニカルインジケーターと組み合わせることで、バイナリーオプションの売買条件を見つけることが簡単にできてしまいます。
しかし、全てが裁量になるため実践でバイナリーオプションを行う前に必ず検証を行ってくださいね。

慣れていなければ、必ず余分なポイントで負けてしまします。注意してください。

おすすめ記事一覧

CHECK!攻略を知る!
バイナリーオプション、攻略できるのか?【随時最新更新】
バイナリーオプションを攻略できるロジックの最新情報をお知らせしています。
CHECK!ライントレードのコツ
バイナリーオプションの攻略に一番使えるかもしれないストキャスティクス
ストキャスティクスとラインを活用して、売買ポイントを捉えていく方法を説明しています。
CHECK!時間帯で攻略!
バイナリーオプションにおすすめの勝てる時間帯とは? 
手法に合わせた攻略できる時間帯があることを知っておこう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション 攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29