バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプション攻略 | ライントレードで勝率を高める3つの条件

1426 views
約 12 分

「バイナリーオプションをライントレードするとき、サポート・レジスタンスラインは分かるけれど、このラインでどのようなタイミングでトレードしていけば良いか分からない。」

このように考えている方は、たくさんいるかと思います。しかし、3つのポイントを理解してればバイナリーオプションでライントレードを有効に活用できます。


こんにちは、ストラテジーです。

ラインは、ブレイクアウトでトレードする方法、ラインの反転でトレードする方法と2つありますが、ラインを反転・ブレイクアウトしたらどのポイントでトレードしたら良いか判断が難しいはずです。さらに、反転・ブレイクしても「騙し」のサインがラインにもありますので、それをできるだけ回避できるかも重要になってきます。

本日は、バイナリーオプションをライントレードで勝率を高めていく方法を大きく3つに分けて説明していきます。



バイナリーオプション業者の開設特典でサインツールをプレゼント!

当ブログから開設された方限定で売買ポイントに自動でサインが表示されるツールを特典でおつけします。

ライントレードの種類

最初に、ライントレードの方法を簡単に説明していきたいと思います。

ラインの引き方については下のリンク先で説明しています。読んでみてください。
LINK バイナリーオプション攻略 | ラインを簡単に引く2つのポイント

バイナリーオプション ライントレード

ひとつめは、サポートラインや・レジスタンスラインを突破(ブレイクアウト)したら、トレードしていく方法です。ブレイクアウトするきっかけはいくつもの理由がありますが、気象情報や経済指標・各国で発生した重要なニュースなどが原因で発生することが多いです。

気象情報でブレイクアウトするのは、例えば地震です。東日本大震災の時、USDJPYは主要なサポートラインを続々とブレイクアウトし、大きく下落しました。

経済指標は、一番変動するのがアメリカの雇用統計ですね。2016年12月の雇用統計はそれほど大きく動くことはありませでしたが、ブレイクする可能性が最も高い指標になります。

各国で発生した重要なニュースとは、影響が最も大きかったのが今年でいうとイギリスのEU離脱問題、そしてアメリカ大統領選です。その他に、各国の市場の開始直後や、市場に参入する人が多くなるニューヨーク市場でもラインをブレイクアウトすることがよくあります。

バイナリーオプション ラインの見方

ふたつめは、サポート・レジスタンスラインを突破できずに反転したら、トレードしていく方法です。これは、よくレンジ相場でブレイクアウトをせずに反転していきます。分かりやすいのが、ボリンジャーバンドがスクイーズしている時(バンド幅が縮小されている時)、短期(14~25日)・中期(50~75日)・長期(100~200日)の移動平均線が絡み合っているときです。

この2つの方法で、ライントレードを行っていきます。

ライントレードの覚えておいて欲しいひとつめ

これは、最もシンプルですが非常に大事なポイントです。簡単に言うと、

トレンド方向に沿ったライントレードを行うこと

です。

長期の時間足チャートからトレンドの方向を確認し、そのトレンド方向に合わせたライントレードを行っていくだけで勝率は、グンッと上がります。詳しく説明すると、

長期の時間足が上昇トレンドの「買い方向」だった場合は、トレードポイントを見極める時間足チャートでは、サポートラインの押し目買い・レジスタンスラインをブレイクアウトした後の買い方向をメインに戦略を立てていくこと。レジスタンスラインの反転での逆張りは、トレンド方向に逆らったトレードになるので、レンジ相場と判断できない限りは行わない。

長期の期間足が下降トレンドの「売り方向」だった場合は、トレードポイントを見極める時間足チャートでは、サポートラインの押し目買い・レジスタンスラインをブレイクアウトした後の買い方向をメインに戦略を立てていくこと。レジスタンスラインの反転での逆張りは、トレンド方向に逆らったトレードになるので、レンジ相場と判断できない限りは行わない。

トレンドの方向を確認する方法は、「バイナリーオプションでADXを使用するときに覚えて欲しい2つのこと」の記事で紹介しているADXや各種オシレーター系インジケーターで確認することもできますし、「バイナリーオプション、攻略できるのか?【随時最新更新】」の記事200日線の移動平均線だけでもトレンドの方向を確認することができます。

ライントレードの覚えておいて欲しいふたつめ

サポート・レジスタンスラインがブレイクアウトするときのトレードをしてはいけない2つの注意点があります。

ひとつめは、

ブレイクアウトするであろうと予測して、トレードを早まること

「このラインは、そろそろブレイクするだろう」というような期待を込めた予想をしてトレードをすることです。相場がブレイクアウトするのを待つことなく、相場がラインを到達したらすぐにトレードをしてしまうのは非常に危険です。

長期の時間足チャートのトレンドの方向に沿ったトレードを行っていたとしても、そのラインが必ずしもブレイクするとは限らず、反転し下落・上昇をしてしまいます。

ラインに近づいてきたら、トレードをしてしまいたい気持ち(ポジポジ病)は必ず出てしまいますし、その気持ちはよーく分かりますが、勝手な予測で安易なトレードは行わず、必ず結果が出てからトレードを行ってください。

この早まったトレードをすれば、必ず負けます。保証します!もし、「いや!、僕の判断は正しい!」と思ってトレードしても、自分の予測がいかに投資の世界では、ゴミ屑程度の存在でしかないかを痛ーいぐらい分かることになりますよ。

負ければ負けるほどこのことは理解できていきます。(私はたっぷり経験しました。)

ふたつめは、

ブレイクアウトした直後にすぐにトレードをすること

サポート・レジスタンスラインをブレイクアウトするということは、ほとんどの場合が、前回の高値・安値を更新していくということになります。

相場は、ひたすら上昇・下降するのではなく「N」「И」の動きをして上昇・下降を繰り返し徐々に高値・安値を更新していきます。そして、前回の高値・安値を更新すれば必ず戻り・押しがやってきます。

「N」「И」の部分で言えば、真ん中の「\」「/」のポイントが必ずあるということです。ライントレードで最も勝率が良くなるのが、「N」の谷底の部分、「И」の山の頂上のポイントになります。図で説明すると、

バイナリーオプション ライントレードの戻り売り

サポートラインをブレイクアウトすると、そのサポートラインはレジスタンスラインに切り替わり、一旦そのレジスタンスラインまで戻る傾向にある。戻りを待ってから、下落の勢いを確認して売り方向でトレードを行う。

バイナリーオプション ライントレードの押し目買い

レジスタンスラインをブレイクアウトすると、そのレジスタンスラインは、サポートラインに切り替わり、一旦そのサポートラインまで戻る傾向がある、押しを待ってから、上昇の勢いを確認して買い方向でトレードを行う。

私の経験で言うと、ブレイクした直後にバイナリーオプションを行っても、必ず戻り・押しがきてしまい負けることがほとんどです。大陽線や大陰線等の勢いの強いローソク足をみてしまうとその勢いに乗っかりたいという気持ちになりますが、まずは、今までサポート・レジスタンスラインだったポイントまで価格が戻ってきてから、押し目買い・戻り売りを行ったほうが格段と勝率が上がります。

この方法は、FX取引でも同じになりますので、是非覚えておいてください。

ブレイクの・反転の「騙し」を見分ける方法

この方法は、「バイナリーオプション攻略 | ローソク足とラインで効果を5倍にするトレード方法」の記事でローソク足の形から「騙し」を見極める方法もありますが、各テクニカル指標を使って見極める方法があります。使う指標は、ADXとストキャスティクス・RSIになります。

参考 RSIでバイナリーオプションを攻略するときの正しい見方
参考 バイナリーオプションでストキャスティクスを使う時に知っておきたい4つの知識

特に役に立つのがADXです。ADXのトレンドの勢いを確認することで、サポート・レジスタンスラインがブレイクするのか、反転してしまうのかを高確率で見極めることができます。ラインとADXを組み合わせた考え方は、

ADXの勢いが強いとされる「30」を超えて、相場がラインに到達した場合は、ブレイクアウトする可能性が高い

ADXの勢いが強いとされる「30」を超えずに、相場がラインに到達した場合は、反転する可能性が高い

と判断することができます。この考え方を取り入れ、各オシレーター系インジケーターでバイナリーオプションの購入の決定を行っていきます。

例えば、1016年12月5日のUSDJPYの15分足チャートを見ていきます。

バイナリーオプション ラインとテクニカル指標の組み合わせ

移動平均線は、長期・中期・短期と順番に下に位置していて「売り方向」の下落トレンドを示しています。この時点で、

トレードするべき方向は「売り方向」のみ

と、トレードの決定をします。

そして、今相場はレジスタンスラインに到達しており、ブレイクするか反発するかの状態になっています。

では、このレジスタンスラインをブレイクするか、反転するかを見極める方法を考えていきますね。

まずADXを見てみると、(D+)が(D-)を上回っていますが、トレンドの強弱は「30」未満で勢いがありません。そして、ストキャスティクスは「買われすぎ」の上限設定を超えて高値圏で推移しています。この状態で判断ができるのが、

直近のトレンドは「買い方向」だが、トレンドの勢いはなくレジスタンスラインをブレイクする可能性が低い。そして、「買い方向」の勢いがない状態でストキャスティクスは「買われすぎ」の高値圏を超えているので、反転する可能性が高い

と、判断していきます。今の状態なら売りでトレードができると判断できるので、トレードポイントを見極める短い時間足チャートを確認していきます。今回は、5分足チャートです。

バイナリーオプション ラインとテクニカル指標の組み合わせ

5分足チャートでは、長期・短期・中期の順番になっていてトレンドがはっきりと出ていない状態ですね。そして、現在の相場のすぐに下に短期と長期の移動平均線が下に位置していて、下落したとしてもこの付近で下げ渋るか、ここでまた反転する可能性があり、トレードするには少し難しい印象があります。

しかし、ADXは(D+)が(D-)を上回っていますが、トレンドの強弱は「30」未満で勢いがありません。そして、ストキャスティクスは「買われすぎ」の上限設定を超えて高値圏で推移しています。さらに(%K)が(%D)を下回っていて(デックロス)、売り方向のサインを出しています。

このことから、

ADXの勢いはなく、レジスタンスラインをブレイクする可能性が低く、ストキャスティクスも高値圏でデットクロスをしていることから売り方向のトレードができる。ただし、すぐ下に短期・長期の移動平均線があることから、下げ渋る・もしくはこの付近で反転する可能性もあるから、短い判定取引でバイナリーオプションを行う。

と判断していきます。

結果的には、

バイナリーオプション ラインとテクニカル指標の組み合わせ

サポートラインをブレイクアウトすることなく下落していきました。

まとめ

①長期の時間足チャートからトレードする方向を判断することが大事

②トレード方向と同じトレードを行う。
 「買い方向なら」、サポートラインでの押し目買い・レジスタンスラインをブレイクアウトした後の押し目買いを狙う
 「売り方向なら」、レジスタンスラインでの戻り売り・サポートラインをブレイクアウトした後の戻り売りを狙う

③相場がどの方向なのか分からない時は、分かるまでトレードは行わない

④サポート・レジスタンスラインのブレイクアウト・反転の見極めにはADXが役に立つ
 ADXの勢いが強いとされる「30」を超えて、相場がラインに到達した場合は、ブレイクアウトする可能性が高い 
 ADXの勢いが強いとされる「30」を超えずに、相場がラインに到達した場合は、反転する可能性が高い

以上の4つの点をしっかりと理解できれば、ライントレードでバイナリーオプションをバッチリ攻略できます。

ただし、④のポイントは練習をしっかりこなさなければ判断が難しいです。実践でバイナリーオプションを始める前にしっかりとデモトレードを行って理解を深めてくださいね。

おすすめ記事一覧

CHECK!勝率の底上げ!
バイナリーオプション の勝率が上がるインジケーターの正しい組み合わせ
バイナリーオプションの勝率が上がりやすくなる正しい手法・ロジックの組み合わせを紹介しています。
CHECK!勝てない人の特徴
バイナリーオプションで勝てない人の3つの特徴
バイナリーオプションが勝てない人のは3つの特徴のどれかに当てはまる人が多いです。あなたは大丈夫ですか?
CHECK!おすすめインジケーター
バイナリーオプションにおすすめの勝てる時間帯とは? 
手法に合わせた攻略できる時間帯があることを知っておこう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション|利益を出すための攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29