バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプション | 基本は買い目線!けれどちょっと気になるポイントあり

207 views
約 16 分

バイナリーオプションの攻略は、基本買い目線でのトレードとなりそうです。

こんにちは、ストラテジーです。

昨日の記事「バイナリーオプション | トレンドの方向感のないレンジ相場」で説明した「116.000」付近を到達せず、比較的浅いポイントから上昇していきました。短期の時間足チャートでは、どちらの方向にトレードしていけば良いか判断は難しいですが、1時間足チャートで見ると「買い方向」に見えます。

本日は、各ラインのブレイクアウトや押し目買いがバイナリーオプションの攻略に有効だと感じています。

昨日の、検証中の手法はトレンドは午後から一方方向の上昇トレンドでしたが、比較的勝率の高い成績となりました。

それでは、本日のUSDJPYの相場分析と、各手法の検証結果を公開していきます。

バイナリーオプションに役立つ記事はここにもあるぞ!
バイナリーオプションとは?誰でも最短で確実に理解できる解説
バイナリーオプションで勝てない人の3つの特徴
バイナリーオプションで有効な逆張りインジケーター5選

分析中のシステムと特典の12月の成績

バイナリーオプションツール「SOLID」で作成したシステムを検証しています。

成績を公開している3種類の手法は、それぞれ異なったテクニカルを使用した逆張りの手法となります。そして、トレンド方向の見極め等を一切していない、純粋な逆張りシステムです。その代わり独自のフィルターを導入し一定の「騙し」を軽減させています。

また、「SOLID」は独自の資金運用を行っていますので、勝率が低い場合でも利益幅が異なる場合があります。この資金運用は、

勝率が低くても利益を出せる

ことを考えた方法になります。準備する資金は、通常の同一金額でトレードするときよりも若干多く必要になりますが、バイナリーオプションで損益分岐点を割り込んでも利益を出せる可能性が極めて高い手法となります。

昨日の日銀総裁の記者会見の前から、円安方向に推移していきました。どの手法も15:00以降の成績は、良くなかったですが、ニューヨーク市場から盛り返してきました。危うくマイナス収支になるとこでしたが、3つともよく踏ん張ってくれました。ありがとうです。

バイナリーオプションツール「SOLID」の主な機能はこちらで紹介しています
バイナリーオプションツール | 過去の取引成績を数秒で確認できる機能
バイナリーオプションツール | 取引したい時間帯にシグナルを表示する機能
バイナリーオプションツール | カスタマイズ自由なロジックの作成
バイナリーオプションツール | 自由にカスタマイズして過去分析ができる機能

1-1 検証中のシステム

検証中の12月20日の成績です。

0
0
0勝率(%)
0(損益)
過去900日間累計 12,265(勝) 9,620(負) 337(引分) 56.0%(勝率) 15(最大連敗数) 2,152,400(利益)
検証15日目累計 170(勝) 105(負) 2(引分) 61.82%(勝率) 3(最大連敗数) 160,200(利益)

12月の平均勝率は、61.92%とシグナルトレードとしては、すざましく優秀な勝率を誇っています。出来過ぎで来年の1月の成績が怖いです。900日間の成績では、平均勝率約56%ですので、12月でここまでの勝率が出てしまうと、1月にその調整が来るんじゃないかとネガティブになっています。

考えすぎですかね…

1-2 バイナリーオプションツール「SOLID」特典①のシステム

2016年12月13日のバイナリーオプションツール「SOLID」特典①のシステムの取引成績の検証結果です。

0
0
0勝率(%)
0(損益)

細々と稼いでくれています。大きなマイナスの一撃を食らうと、あっという間にマイナスになるので油断できない状況です。まぁ、油断しようにも、システムトレードなので、わたしがなにか出来るかといえば何もできないのですけどね。

過去900日間累計 12,846(勝) 10,095(負) 373(引分) 56.0%(勝率) 15(最大連敗数) 2,324,200(利益)
12月累計成績 187(勝) 144(負) 1(引分) 56.50%(勝率) 3(最大連敗数) 11,800(利益)

1-3 バイナリーオプションツール「SOLID」特典②のシステム

2016年12月7日のバイナリーオプションツール「SOLID」特典②のシステムの取引成績の検証結果です。

0
0
0勝率(%)
0(損益)

すこぶる安定してます。2日続けて1万円以上の収支があるので、そろそろマイナスの日が来てもおかしくないです(過去のデーター的に)。毎日プラスにならないのがこの子の良いところです。

過去900日間累計 11,232(勝) 8,630(負) 327(引分) 56.6%(勝率) 12(最大連敗数) 2,617,200(利益)
12月累計成績 160(勝) 110(負) 0(引分) 59.26%(勝率) 4(最大連敗数) 136,000(利益)

2016年12月21日のUSDJPY

相場分析には、ADX・ストキャスティクス・ボリンジャーバンド・移動平均線のテクニカルとラインを表示して調べています。そして、各種テクニカルの設定は以下の通りです。

ボリンジャーバンド 20(期間) 2・3(偏差) close(適用価格)
移動平均線 20・52・200(期間) simple(種類) close(適用価格)
ADX 14(期間) 20・30(ライン設定) close(適用価格)
ストキャスティクス 9(%K) 3(%D) 3(スローイング)
ADXとストキャスティクスの詳しい解説はこちら
バイナリーオプションでADXを使用するときに覚えて欲しい2つのこと
RSIでバイナリーオプションを攻略するときの正しい見方
バイナリーオプション攻略 | ライントレードで勝率を高める3つの条件

1時間足チャートを見ていきます。

12-21-1h

相場は、50日の移動平均線より上に位置していて、3本の移動平均線も期間の短い順番に上から位置しています。「買い方向」として判断しています。

ポイントは、前日の高値「118.240」付近を超えて、さらに前の高値「118.650」付近をブレイクアウトしていくかですね。

押し目買いをしていく安全なポイントは、50日の移動平均線「117.400」付近で反発する傾向がでたら、狙っていきたいところです。または、前日の高値をブレイクアウトしてからの戻りを待ってからの押し目買いも狙い目です。

15分足チャートを見ていきます。

12-21-15m

50日の移動平均線を上にブレイクアウトしてくれれば、「買い方向」でのトレードが安心してできるかなと判断しています。ただ、まだADXでは、トレンドの勢いがまだ小さいことが示されているので、50日の移動平均線を突破するのは時間がかかりそうです。

あとは、50日と200日線の間の幅が狭いので、ここでレンジ相場になる予測もできますね。

50日の移動平均線を上にブレイクアウトすれば「買い方向」、200日線の移動平均線を下にブレイクアウトすれば、一旦は「売り方向」と考えてバイナリーオプションの戦略を組み立ててください。

本日の経済指標

グッとくる経済指標は、特になしです。突発的な経済ニューズが無い限り、大きな相場の変動はなさそうですよ。

まとめ

短期の時間足チャートは、移動平均線が絡み合っている状態で、トレードがしにくい環境でもあります。ラインの各ポイントを注視してバイナリーオプションは攻略していください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29