バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプション | USDJPYは下落の兆しが見えている

260 views
約 16 分

クリスマスも近づき、相場もそろそろ落ち着いてくる時期です。そろそろバイナリーオプションの戦略は逆張りを中心に組み立てたほうが良いかもしれません。

こんにちは、ストラテジーです。

今週の週明けの市場は、窓を開けることなく粛々と開始されました(※わたしのチャートではです)。
ここ最近は、衰え知らずの上がりっぱなしのUSDJPYでしたが、そろそろ戻し(下落)がきそうな予感がしてます。でも、日足チャートでは、まだまだトレンドの方向感は「買い目線」なので、下落しても限定的だと私は判断してます。

個人的には、レンジ相場になってくれたらうれしいなぁとは思っています。じゃないと、逆張りのシステムトレードの成績が悪くなりますから…

それでは、本日のUSDJPYの相場分析と、バイナリーオプションツール「SOLID」で作成した3つの手法の取引成績を公開していきます。

バイナリーオプションに役立つ記事はここにもあるぞ!
バイナリーオプションとは?誰でも最短で確実に理解できる解説
バイナリーオプションで勝てない人の3つの特徴
バイナリーオプションで有効な逆張りインジケーター5選

分析中のシステムと特典の12月の成績

バイナリーオプションツール「SOLID」で作成したシステムを検証しています。

成績を公開している3種類の手法は、それぞれ異なったテクニカルを使用した逆張りの手法となります。そして、トレンド方向の見極め等を一切していない、純粋な逆張りシステムです。その代わり独自のフィルターを導入し一定の「騙し」を軽減させています。

また、「SOLID」は独自の資金運用を行っていますので、勝率が低い場合でも利益幅が異なる場合があります。この資金運用は、

勝率が低くても利益を出せる

ことを考えた方法になります。準備する資金は、通常の同一金額でトレードするときよりも若干多く必要になりますが、バイナリーオプションで損益分岐点を割り込んでも利益を出せる可能性が極めて高い手法となります。

昨日は更新できなかったのですが、月曜日の成績は残念ながら良い結果ではありませんでした。月曜日は思った以上にトレンドを形成されていることが多く、逆張りの手法では全く通用しなかったです。

でも昨日は、相場が大きく動くこともなかったので、手法①以外のシステムは、プラス収支になりました。本日もこのまま相場の動きが小さければ、期待できそうです。

バイナリーオプションツール「SOLID」の主な機能はこちらで紹介しています
バイナリーオプションツール | 過去の取引成績を数秒で確認できる機能
バイナリーオプションツール | 取引したい時間帯にシグナルを表示する機能
バイナリーオプションツール | カスタマイズ自由なロジックの作成
バイナリーオプションツール | 自由にカスタマイズして過去分析ができる機能

1-1 検証中のシステム

検証中の12月16日の成績です。

0
0
0勝率(%)
0(損益)

フィルターが一番強いので、勝率は3つの手法の中でも一番高いのですが、その分エントリー回数が少なく利益もそれなりに低くなっています。

ここでいうフィルターというのは、テクニカル指標を他よりも多く組み合わせているということです。

過去900日間累計 12,265(勝) 9,620(負) 337(引分) 56.0%(勝率) 15(最大連敗数) 2,152,400(利益)
検証15日目累計 114(勝) 73(負) 1(引分) 60.96%(勝率) 3(最大連敗数) 12,9400(利益)

1-2 バイナリーオプションツール「SOLID」特典①のシステム

2016年12月13日のバイナリーオプションツール「SOLID」特典①のシステムの取引成績の検証結果です。

0
0
0勝率(%)
0(損益)

12月後半になってようやく赤字が減ってきました。最低でもプラスになってくれれば…と切に想っています。

過去900日間累計 12,846(勝) 10,095(負) 373(引分) 56.0%(勝率) 15(最大連敗数) 2,324,200(利益)
12月累計成績 156(勝) 122(負) 0(引分) 56.12%(勝率) 3(最大連敗数) -17,000(利益)

1-3 バイナリーオプションツール「SOLID」特典②のシステム

2016年12月7日のバイナリーオプションツール「SOLID」特典②のシステムの取引成績の検証結果です。

0
0
0勝率(%)
0(損益)

一番収支が高い手法②です。このままプラスを継続してくれることを期待しています。

過去900日間累計 11,232(勝) 8,630(負) 327(引分) 56.6%(勝率) 12(最大連敗数) 2,617,200(利益)
12月累計成績 132(勝) 92(負) 0(引分) 58.93%(勝率) 4(最大連敗数) 98,400(利益)

2016年12月19日のUSDJPY

相場分析には、ADX・ストキャスティクス・ボリンジャーバンド・移動平均線のテクニカルとラインを表示して調べています。そして、各種テクニカルの設定は以下の通りです。

ボリンジャーバンド 20(期間) 2・3(偏差) close(適用価格)
移動平均線 20・50・200(期間) simple(種類) close(適用価格)
ADX 14(期間) 20・30(ライン設定) close(適用価格)
ストキャスティクス 9(%K) 3(%D) 3(スローイング)
ADXとストキャスティクスの詳しい解説はこちら
バイナリーオプションでADXを使用するときに覚えて欲しい2つのこと
RSIでバイナリーオプションを攻略するときの正しい見方
バイナリーオプション攻略 | ライントレードで勝率を高める3つの条件

本日は、週足チャートから見ていきます。

12-19-w

「118.000」と「116.000」のライン付近で、相場が動いている状態ですが、「116.000」が今のところ注目ラインです。このラインで反発して上昇する可能性もありますし、このラインを下にブレイクアウトする可能性もあります。
下にブレイクアウトしたら、目先のラインが「111.250」ぐらいまで目立ったラインがないので、かなり下落の幅は大きくなりそうな感じはします。

12-19-1h

20日と50日の移動平均線が重なり合っていて、強いレジスタンスとして機能しているようです。この移動平均線のおかげで、相場が上昇しにくくなっているようです。

ADXみてみると、トレンドの勢いが強くなく、この移動平均線を上にブレイクアウトするパワーが無いように見えます。このまま押されて下落しそうですよね。

下落すると予測したら、目立ったラインは少ないので難しい判断になりますが、「117.000」付近が注目されると判断しています。

15分チャートを見てみます。

12-19-15m

15分足チャートも移動平均線が強いレジスタンスラインになっています。そして、大事なのが200日線の移動平均線より相場が下に位置していることです。短い時間足チャートでは「売り方向」の目線でバイナリーオプションの戦略は考えたほうが良いですね。

ADXのトレンドの勢いも上昇しており、下落の余地がまだまだ高い状態です。「118.000」や「117.850」付近まで戻してきたら、戻り売りを狙っていきたいですね。

本日の経済指標

特に目立った指標はありません。指標に気にすることなくバイナリーオプションを行える日ですね。

まとめ

バイナリーオプションの基本的戦略は「売り方向」ですが、相場は大きく動くことなくレンジ相場になる可能性もありますので、逆張りの戦略も有効になるかもしれない1日になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29