バイナリーオプション取引に効く!攻略の集合知

バイナリーオプション、攻略できるのか?【随時情報更新】

7232 views
約 18 分
2017年6月30日に記事を更新しました。

「2期間のRSIはトレーダーにとって聖杯なのか?」これは、「コナーズの短期売買入門」の株やFXについて書かれている本の言葉ですが、バイナリーオプションでも攻略できるのか検証してみました。

こんにちは、ストラテジーです。

一般的にRSIは、期間「14」が使われていますが、「コナーズの短期売買入門」の本ではRSIの期間は「2」が最適数値と言われています。この期間「2」のRSIが、『バイナリーオプションでも攻略できるのか?』をトレードポイントを見つけるのに使われ1る1分足チャートでも有効か確かめるために、約4年間の過去検証をしてみました。

そして、コナーズの期間「2」と一般的に使われている期間「14」では、どちらがバイナリーオプションを攻略できるのかを比較したのでご紹介していきます。


バイナリーオプション ツール

【19,800円⇒今だけタダ!】バイナリーオプション ツールが無料で手に入る方法

『バイナリーオプションを始めてみたいけど、知識がないから勝てる気がしない…』とか『バイナリーオプションのツールを購入する資金まで用意できない…』という方に、ぜひ活用していただきたい情報になります。

目次

  1. バイナリーオプションを攻略するためのRSIの数値の検証
    1. RSIのパラメーターの設定
    2. RSIの売買条件
    3. RSIの検証結果
  2. 移動平均線200日線を追加したらバイナリーオプションは攻略できる?
    1. 検証結果
  3. バイナリーオプションはシンプルな設定の方が攻略できるのか?
  4. ボリンジャーバンドとRSIがバイナリーオプションの必勝法?
    1. 移動平均線を追加したらどうなるか?
  5. RSIをベースにバイナリーオプションを攻略するには
  6. 時間帯を絞ってバイナリーオプション取引をするとどうなるのか

バイナリーオプションを攻略するためのRSIの数値の検証

「コナーズの短期売買入門」では、累積RSIというRSI(※ほぼRCIと動きが同じ)を使用していますが、今回のバイナリーオプションの検証ではMT4に標準搭載されているRSIで代用します。

RSIのパラメーターの設定

RSIの期間は「2」とし、売買条件は、
RSIのバイナリーオプションを攻略する売買条件

RSIが上限ラインの高値圏に到達したら、「売られすぎ」と判断し、逆張りの買い
RSIが下限ラインの高値圏に到達したら、「買われすぎ」と判断し、逆張りの売り

とします。

そして、「買われすぎ」の上限ラインの高値圏を、95.96.97.98.99の5種類と、「売られすぎ」下限ラインの安値圏を、5.4.3.2.1の5種類でそれぞれ比較してバイナリーオプションを攻略できるか検証してみました。

※RSIのその他の見方・取引方法について記事で詳しく説明しています。

CHECK!是非!読んで欲しい記事
RSIでバイナリーオプションを攻略するときの正しい見方
バイナリーオプションを攻略するときに絶対一度は使ったことがあるはずのRSIですが、このインジケータは単に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するだけのものではありません。
テクニカルインジケーターRSIの見方

RSIの売買条件

次に、バイナリーオプションの売買条件は、

2012年11月から2017年6月16日
5分判定
スプレットなし
USDJPY通貨ペア
トレード中に条件が揃っても判定結果が出るまでは取引は行わない

以上の4つの条件でバイナリーオプションを攻略できるか分析を行いました。

検証結果

RSI期間2で攻略するバイナリーオプション

RSI(2)上限(95)下限(5) 42,009(勝) 36,230(負) 1,442(引分) 53,69%(勝率) 15(最大連敗数)
RSI(2)上限(96)下限(4) 36,501(勝) 31,056(負) 1,189(引分) 54,03%(勝率) 13(最大連敗数)
RSI(2)上限(97)下限(3) 29,674(勝) 24,877(負) 965(引分) 54,40%(勝率) 12(最大連敗数)
RSI(2)上限(98)下限(2) 21,634(勝) 17,777(負) 697(引分) 54,89%(勝率) 12(最大連敗数)
RSI(2)上限(99)下限(1) 15,107(勝) 12,198(負) 491(引分) 55.3%(勝率) 11(最大連敗数)

RSIの期間「2」は、上限ライン・下限ラインの設定を上げていく度に、勝率は上昇することが分かりましたが、最高でも55.3%と利益を上げていくには少し力不足です。このままではバイナリーオプションを攻略するのは難しいですね。

ちなみに、RSIの期間「14」でも検証をしてみましたが、期間が長くなればなるほどRSIの変動は緩やかになるので、95以上・5以下のラインに到達することはほぼなく4年間で取引できた回数は合計6回3勝3敗でした。バイナリーオプションでは通用しない取引量です。

RSIだけでは、バイナリーオプションを攻略することは難しいことが分かりましたが、「コナーズの短期売買入門」に書かれているもう1つのテクニカルインジケーターを追加して検証してみます。

移動平均線200日線を追加したらバイナリーオプションは攻略できる?

「コナーズの短期売買入門」では、RSIの期間「2」に対して、移動平均線200日線を組み合わせることで効果が高いと言われています。
そこで、先程の検証結果の中で最も成績が良かった数値、

期間(2)上限(99)下限(1)

と移動平均線200日線を組み合わせて検証をしてみました。

移動平均線の売買条件

移動平均線を追加することで、売買条件が変更されます。

価格(ローソク足)が、移動平均線より上に位置していれば「買い方向」
価格(ローソク足)が、移動平均線より下に位置していれば「売り方向」

となります。

トレンド方向に合わせて、RSIで逆張り(押し目買い・戻り売り)のトレードポイントを見つける方法になります。これなら、バイナリーオプションに一定の効果がありそうな予感がしますね!

移動平均線を追加した結果

RSI(2)上限(99)下限(1)移動平均線(200) 3,899(勝) 3,190(負) 142(引分) 55.0%(勝率) 12(最大連敗数)

先程と同じ条件で分析をした結果、勝率が落ちて余計に攻略できなくなりました。

移動平均線とRSIの組み合わせることで、

移動平均線でトレンド方向を判断し、その方向に沿った押し目買い・戻り売りをRSIの反転で取引を行う

という条件なので、バイナリーオプションを攻略できると思っていたのですが、予想外の結果となりました。

FXの取引の方法だと、オシレーター系インジケーターとトレンドフォローのインジケーターとの組み合わせは相性が良いと言われていますけれど、時間判定のバイナリーオプションの場合だと、その時間内までに上昇・下降しきれずに負けてしまうということなのでしょうか?

その他のオシレーターインジケーターとの組み合わせも分析しなければはっきりとは言えませんが、少なくともRSIの設定「2」と移動平均線200日の組み合わせは、バイナリーオプションは攻略できないという結果になりました。

では、一般的に使われているRSIの期間と上限下限のラインの設定だったら、バイナリーオプションをこうりゃくできるのかを検証してみました。

バイナリーオプションはシンプルな設定の方が攻略できるのか?

RSIで最も使われている数値でもあり、MT4の標準設定でもある

期間(14)上限(70)下限(30)

この数値だとバイナリーオプションは攻略できるか検証してみました。

検証結果

RSIのみでバイナリーオプションを攻略した場合の結果

「コナーズの短期売買入門」がおすすめしている数値よりも、MT4標準設定の方がバイナリーオプションでは勝てることが分かります。

シンプル過ぎて信じられないかもしれませんが、是非検証してみてください。

ではでは、インジケーター1つだけでこの成績だったら、他のインジケーターと組み合わせたらもっと勝率が上がりそうな予感がしますよね?

実は、んな事はないのです。

例えば、よくネットで「ボリンジャーバンドとRSIの組み合わせでバイナリーオプションが攻略できる!」と紹介されていますが、実際分析してみると衝撃な結果が待ち受けています。

ボリンジャーバンドとRSIがバイナリーオプションの必勝法?

ボリンジャーバンドの設定は、

期間(20)偏差(2)適用価格(close)

になります。最もよく使われている数値ですし、ネットでもこの数値とRSIの組み合わせが紹介されています。
これを今までの取引条件で検証してみると、
RSIとボリンジャーバンドでバイナリーオプションを攻略した場合の結果

勝率は若干落ちてしまい、取引回数が減るだけの悪影響になっただけです。

『勝率が悪いことは分かっていたけど、RSIだけの方が勝率が良いの?』って驚いているかもしれませんが、そうなんです。良かれと思って他のインジケーターと組み合わせてもバイナリーオプションでは勝率は悪くなり勝てないことがあります。

では、次の方法として「移動平均線と組み合わせてトレンド方向に合わせて、押し目買い・戻り売りを捉える方法でしてみるとどうなるか?」これも検証してみました。

移動平均線を追加したらどうなるか?

移動平均線の設定は、先程のコナーズの設定と同じ200日線で検証してみました。
そして、検証した組み合わせは、

RSIと移動平均線の組み合わせ
RSIとボリンジャーバンド、移動平均線の組み合わせ

の2種類を検証しました。

RSIと移動平均線でバイナリーオプションを攻略した場合の結果

RSIと移動平均線の組み合わせの方は、勝率は上がりましたが取引回数は非常に少なく、バイナリーオプションを行うには現実的ではない数値です。
もう一方は、さらに取引回数も少なくなり、勝率も落ちてしまい問題外の結果となりました。

RSIをベースにバイナリーオプションを攻略するには

RSIでバイナリーオプションを攻略するのに、私なり検証をしてみました。
参考の手法は、オシレーター系インジケーター3種類をベースにしたものになります。各インジケーターは、

RSI
CCI
Willams’%

RSI 14(期間) 70(上限) 30(下限)
CCI 14(上限) 100(上限) -100(上限)
Willams’% 9(上限) -5(上限) -95(上限)

の3種類です。

どのインジケーターも、上限(高値圏)・下限(安値圏)を設定し、値がそれらに到達すれば逆張りを仕掛けていく方法になります。
gyakubari

オシレータ系インジケーターを3つも使った超逆張りスタイルの手法で攻略していきます。

この手法で、1日に発生した全てのトレードポイントで、バイナリーオプションを取引をしていたらどうなるかをグラフにしてみると、

最終的に累計利益は、勝率は約59%で利益は380万となりますが、グラフの伸びは綺麗な右肩上がりではないですね。

※利益の計算方法は、毎回同じ金額で購入するのではなく一定の工夫を施しています。
参考 バイナリーオプションで勝率が低くても利益を出す方法

2015年5月から2016年6月の間は、トントンが続いていて結構辛い時期があったりしてます。それ以降は急激に収益は伸びていっています。

この結果で見ると利益にはなる攻略法ではありますが、累積収益のグラフで判断すると、実践でトレードするにはちょっと適していない手法だと判断できます。

理由は、

累積利益が綺麗な右肩上がりでないこと

過去で、勝ったり負けたりのトントンが約1年間も続くのって、実際自分がそうなったらメンタルが耐えれるのか?って思ってしまいます。やっぱり小幅でも毎月利益は増加して欲しいのが理想ですよね。

それに、過去にこの結果が出ているということは、今後のトレードでも発生する可能性は高いかもしれません。

利益は出ても、この攻略法はちょっと使いづらいなーってのがあります。

次に、この手法で時間帯を絞って検証してみます。

時間帯を絞ってバイナリーオプション取引をするとどうなるのか

この手法は、逆張りであることから各市場の特徴を考えて時間帯を絞ってみます。

市場には、大きな影響を及ぼすと言われている

東京市場
ロンドン市場
ニューヨーク市場

の3つがあります。そして、各市場の開始直後はトレンドが発生しやすい・重要なラインをブレイクアウトしやすい等の傾向があることから、逆張りの手法には向いていないですよね。まず、それらの時間帯は省きます。

参考 バイナリーオプションにおすすめの勝てる時間帯とは?

次に、深夜帯の時間は全て検証対象外とします。なぜなら、わたしは夜はきっちり寝るので、バイナリーオプションはしていません。普段取引していない時間帯の検証をしても特に意味はありませんからね。

で、最終的に検証する時間帯は、

相場が落ち着いていて閑散としている傾向に強い時間帯

と、なるんですが、大体相場が落ち着いてくるのは、東京市場は、11時から15時までで、ロンドン市場は19時から21時まで、ニューヨーク市場は深夜帯になってきます。深夜帯はわたしのトレード習慣にないため、それ以外の、

11時から15時、19時から21時

で、検証してみました。

最終的に累計利益は、勝率約60%で利益が310万です。24時間フルでトレードするよりも、時間帯を絞ってトレードしたほうが効率良く攻略できるのが分かります。実際には1日のうちの7時間のトレードだけで、それほど利益幅に差異がないですしね。※70万も違うと大きいかもですね…

それに、累積利益のグラフも右肩上がりの上昇が、フルトレードよりも綺麗に上昇していますよね!

月間でも、負けている月はありますけど、かなり使える手法だと分かります。

まとめ

RSI期間(2)でバイナリーオプション攻略するならば、上限(99)下限(1)が最も勝率が高いですが、「コナーズの短期売買入門」で書かれている移動平均線200日との組み合わせは、バイナリーオプションには向いていなく攻略していくには難しいことが分かりました。

それよりも、

RSI期間(14)上限(70)下限(30)

一般的な数値でオシレーター系インジケーターとの組み合わせだけの方がバイナリーオプションを攻略したほうが勝てることが分かりました。

深く攻略法を追い求めるよりもシンプルな考えの方がバイナリーオプションを勝ちやすいということです。

また、手法の特徴に合わせて、時間帯を考えたトレードを行うことがバイナリーオプションで利益を出す攻略のひとつです。

トレンドフォロー、ブレイクアウトの手法は、市場が活発な時間帯が良い
逆張りは、市場が閑散としている時間帯が良い

この特徴は、手法に組み込まれたテクニカルインジケーターで決まってきます。

ですので、その手法の内容・考え方を理解していないと、このような時間帯対策を練ることはできません。

ですから、もしあなたがロジックを公開されていない手法・ツールを持っているとしたら、まずその手法に組み込まれているインジケーターの特徴を調べてあげてください。

調べることで、もしかしたら今まで使えなかった手法でも攻略できるようになるかもしれませんよ。

おすすめ記事一覧

CHECK!負ける原因とは?
バイナリーオプションで勝てない人の3つの特徴
バイナリーオプションで負ける人の共通の特徴です。もしかしたら、あなたもこれに当てはまっているかも?
CHECK!攻略を知る!
バイナリーオプション の勝率が上がるインジケーターの正しい組み合わせ
バイナリーオプションの勝率が上がりやすくなる正しい手法・ロジックの組み合わせを紹介しています。
CHECK!厳選逆張りインジケーター
バイナリーオプションで有効な逆張りインジケーター5選
バイナリーオプションで最も使える逆張りインジケーター5つのご紹介をしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

その他、バイナリーオプション 攻略の情報はこちら
バイナリーオプション 攻略情報と取引方法のまとめ

バイナリーオプション ツール

【19,800円⇒今だけタダ!】バイナリーオプション ツールが無料で手に入る方法

『バイナリーオプションを始めてみたいけど、知識がないから勝てる気がしない…』とか『バイナリーオプションのツールを購入する資金まで用意できない…』という方に、ぜひ活用していただきたい情報になります。

バイナリーオプションを有料ツールや専門的な知識を使わずに攻略できる無料インジケーター集

バイナリーオプション攻略に役立つ無料インジケーター集です。


あなたは、バイナリーオプションを始めたのに、

「利益につながらず、資金が増えない」

と悩んでいませんか?

この無料インジケーター集では、初心者に欠かせないデモ取引が利用できるインジケーター、MT4チャートに購入ポイントを自動で表示するインジケーターを収録しています。

是非あなたのバイナリーオプション攻略にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない

『超豪華特典』が付いています。

詳しくはダウンロードページの最後で。

main-pc-29

バイナリーオプション攻略 に最大限の効果を発揮させます

バイナリーオプションで必須のシグナルが表示される手法や、
分析・検証をクリック作業で作成することができる、バイナリーオプションツール「SOLID」。


勝率の高い手法(ロジック)をどなたでも構築
過去の検証データーをMT4で瞬時に解析できる
各ブローカーに合わせた取引の分析が可能

「SOLID」を使えばあなたの今までのバイナリーオプションの考え方を大きく変えることになるでしょう。

今なら、「勝てる手法」を2種類プレゼントさせていただきます。

main-pc-29